プロポーズの演出をした『結婚してください』のチョコ文字

      2017/08/24

「しょうゆ亭を始めた頃」の続き

 

しょうゆ亭は目立たない。

隠れ家を目指しているわけではなく、勝手にヒッソリとしている。

 

ほんとに分からないみたいで、お店の前に車を止めて「お店の場所がわからないのですが・・・」という電話をよくいただく。

アタシ:「そのまま右を向いてくださいますか・・」

お客様:「アッー!ありましたぁ!」

 

こんな困ったお店だけれど・・・いいトコなんだよ。

だって、いまだにお客様がちゃんと来て下さる。

 

 

しょうゆ亭の素敵なお客様

これまでたくさんのお客様に巡り合って、ドラマティックな出来事もたくさん見てきたしょうゆ亭。

 

20代後半。

常連の男性がいた。

好きな彼女がいて、結婚したいんだけれどプロポーズする勇気がない。

 

「どうしたらいい?」

とアタシに相談する 男性クン。

 

きっと藁にもすがる思いなんだろうなぁ。

恋をしていて、思い通りに事が運ばない時はつらいだろう。

 

 

「もうじき彼女の誕生日なんだぁ」、ポロっとつぶやく。

 

「よっしゃ!!誕生日のディナーはしょうゆ亭においで!!」

「・・・?」

「とにかく、彼女を連れてしょうゆ亭に来るのよ!」

「・・・?」

「ここでプロポーズをしよう!!」

 

 

「えっつーー!!」

 

それから二人でいろんな打ち合わせをしてサプライズな計画が出来上がる。

 

・彼女には絶対秘密。

・でも、絶対誘う事。(プロポーズしようにも本人がいなければ話にならない)

 

男性クンがするのはそれだけ。

あとはアタシにまかせろ!!

 

 

当日。

約束通り彼女を連れて来店した二人は仲良く食事を終えて、最後のデザートタイム。

 

 

静かな音楽の流れる薄暗い店内は、柔らかい灯りに包まれている。

アタシはバースディーケーキをしずしずと運ぶ。

 

ケーキの上にはろうそくの明かりに彩られて『結婚してください』のチョコ文字。

 

びっくりした彼女の驚きと、涙と、笑顔と、「はい」と答える初々しさ。

彼女を見つめる男性クンの、ホッとした喜びの笑顔が忘れられない。

 

こんな幸せな時間の演出もあったなぁ。

 

 

アタシはこの数年前 ケーキ屋さんも経営していて、バースデーケーキは得意だよぉ!

このケーキの上に書くチョコ文字はもっと得意だよぉ!

 

紙にボールペンで書くよりも、チョコ文字の方が上手だってうわさ!!(これホント!)

 

 

喜んでくださるお客様がいらっしゃる時、(あーー、お店を経営していて良かった・・)と心から思う。

自分の力が「役に立っているんだ」と実感する時、(あーー、良かった・・)と心から思う。

 

 

結婚したい人。

しょうゆ亭においでーーー!!

 

チョコ文字で・・・書くよぉ!

『結婚してください』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類