ベジタリアンより更にストイックなヴィーガン弁当を紹介

   

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%80%81%ef%bc%91

お店に一本の電話。
いつもたくさんのご注文を下さるお客様だ。

「ヴィーガン弁当を作ってもらえますか?」

「は、はーい?なんでしょう?ヴィーガン???」
(なんじゃ、それ?)

「ヴィーガン」という言葉を初めて聞いた。

知ったかぶりをして「はい、承知しました」と言いそうになったけれど、ぐっとこらえる。
「それは何の事でしょう?言葉が解らないので教えていただけますか?」

どうも、ベジタリアンよりもっとストイックな食生活の事らしい。

そうか!
それなら知ってる!
ニュースでも読んだ事があるなぁ。
小さな子どもにその食事でいいのかという内容だったと記憶する。

いろんな生き方があるから否定も肯定もしない。

アタシの今の問題は、作れるか 作れないか。
注文を頂いて「出来ません」とは言いたくない。

悪戦苦闘をしてこんなお弁当が、完成でーーす!

『ヴィーガン』であってもしょうゆ亭らしさは盛り込まないと・・・!!

結構キレイな箱になったじゃん!

ダイエットをしている身には、なかなか魅力的じゃん!
(ちゃう ちゃう!アタシ用のお弁当じゃなーーい!)

お肉系はなし。
お魚系はなし。
出汁もなし。
コンソメもなし。

「食」にまつわる仕事は深い。
ベジタリアンさんのお弁当はよく注文をいただく。
これからはヴィーガンさんも時代かしら。

人間、食べなければ生きていけない。
食べるなら自分らしいモノを食べたい。

その一つがヴィーガン。

今回 痛感。 『食は深い』

 - 未分類