「昔」は美しいけれど、未来はどこだ!

   

そりゃそうだよね。

えっ、何がって?

62歳のカミングアウトの事。

 

少し昔語りを・・・。

しょうゆ亭を始める前は10年程タレント稼業をしていた。

それはそれですばらしい時間だった。

 

タレント稼業は言ってみれば独立独歩の自営業みたいなモノ。

若い身空で自分をアピールして売り込むという自営業。

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%83%a0%e3%83%84%e3%82%b3

これはアタシの番組の公開録画の写真。

当時の名前は『高橋ムツコ』。

アタシと同じくらいの年齢の方で、この名前を知っているヒトがいたら特筆ものだね。

昔語りをいたしましょう。きっと楽しい時を過ごせることでしょう。

 

「昔」はいつでも美しいものね。

 

40年程昔のカビのはえた写真を久しぶりに見て、時の重さを痛感している。

昔語りは美しいけれど、それにまつわる「時」は重い。

 

 

あの頃、こんなマイクを持つ生活をしながらふと考えた。

(未来はあるのか?)

 

未来ってなんだ!

10年たった時、20年たった時、アタシの生活は充実しているか!

 

そしてナントいうこともなく(レストランでもしようかなぁ)と思ったのさ。

 

それが30歳を超えた頃。

 

飲食店のアルバイトもしたことのない奴が突然「レストランの経営」。

 

レストラン業界をバカにするにもホドがあるネ。

ごめんなさい、レストラン業界さま。

 

そんなスタートなので、しょうゆ亭は今もレストラン業界の知り合いがいない。

 

タレント時代もそうだったようにレストラン業界でも「独立独歩」の毎日。

毎日、いつでも、手探りの、迷い猫みたいな気持ちで過ごしてきた。(迷い猫になったことないけどね)

 

周りの友達やら知り合いは、全て、全部、滞りなく、『すぐ潰れる』と断言した。

 

そんな事を言われたら迷い猫はすべからず迷う。

 

困っちゃう。

でも、困ったってすぐに明日が来ちゃう。

さあ、未来をさがすんだ!

 

すぐ潰れるはずがもうそろそろ30年を迎えようとしている。

 

迷う。

困る。

眠る。

明日になる。

この繰り返しだよ。

お笑いだね。

 

10年はたった。

20年はたった。

もうしばらくしたら30年もたつだろう。

30年たっても迷い猫にレストラン業界の友達はいない。

 

ここで名言を一つ。

『友達やら知り合いなんかなくてもレストランはできる!!』

 

この先も、迷って、困って、眠って、楽しい暮らしを続けたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類