3分待ったら美味しいごはん。圧力釜で美味しいごはん!

   

アタシがタレント活動をしていた若い頃、アタシの周りには個性派と呼ばれるたーーーくさんの人々がいた。

 

そりゃもう、そうそうたる猛者ぞろい。

右を向いて刺激を受け、左を向いてうなずき倒し・・・。

 

若いアタシはどれもこれも吸収したくて忙しいったらありゃしない。

 

その中の一人にVIというお姉さんがいた。

当時流行の深夜放送、「ミッドナイト東海」を担当していらした才女。

 

この才女から頂いた刺激は、そりゃもう大変なもので、いつもアタシの中で渦を巻いていた。

たぶんこのブログはご覧にならないだろうなぁ・・・、勝手に書いちゃってごめんなさい。(先に謝っておく!!)

 

今日はそのVI刺激の一つを紹介!!

 

アタシは炊飯器を買ったことがない。

ごはんを炊くのはもっぱら圧力釜。

 

その昔、才女の部屋に何度も遊びに行く。

行く度に圧力釜の美味しいごはんをごちそうになる。

 

もう呪文のように、(ごはんは圧力釜)と自分に擦り込んだ。

%e5%9c%a7%e5%8a%9b%e9%87%9c

 

だから、40年の以前から、ごはんは圧力釜。

BOSSも炊飯器のごはんを食べたことがない。

もう当たり前になっている。

 

火に掛ければ3分でOK!

ふつうのうるち米がまるでもち米のようにもっちもち。

まるで魔法のお鍋。

 

今日は美味しい「つや姫」がある。

%e3%81%a4%e3%82%84%e5%a7%ab

 

 

 

美味しいよぉ!

%e3%81%a4%e3%82%84%e5%a7%ab%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

 

飲食店を始めたい人、読んで!

しょうゆ亭を始める時も、アタシ達夫婦はズブの素人だけれど、美味しいごはんを提供する自信だけはあった。

 

だって圧力釜を持ってるもーーん!!

オープンの時からしょうゆ亭のごはんはずーーーっと圧力釜!!

 

飲食店を始めようとしているヒトに一言アドバイス。

一個でいいから自信をもって提供するメニューを作ろう!!

 

ということで、アタシの個人的な刺激だけでなく、商売にまで及んでいるVI刺激ってすごい!!

 

最近は職種が違ってしまったのでお会いすることもなくなってしまったけれど、改めて言おう。

 

VI刺激はすごい!!

 

 

 

 - 未分類