愛知県民心の調味料、八丁みそで豚丼を作ろう

   

しょうゆ亭は決まったお弁当のメニューがあるようでない。

 

一応HPにはお弁当メニューを載せているけるど、お客様のご希望をうかがってこのメニュー以外のモノを作ることも多い。

 

今日どんぶりを作った!

 

今日はその喜びのご報告。

 

我ながら、美味しそうだった。

名付けて「八丁味噌の豚肉照り焼き丼」

 

これをお届けしたお客様に「今日八丁味噌の豚丼をお持ちいたしました!」と告げると「わあぁーーー!!うれしい!」と喜んでくださった。

召し上げる前からこんなに喜んで下さったら、アタシはどうしたらいいんでしょーー!!

嬉しい!!

 

あっ、そうそう、八丁味噌って知ってるかしら?

 

 

徳川家康のおひざ元、愛知県は岡崎が生んだ赤みそ!!!

愛知県人 心の味 赤みそ!!!

 

アタシ、愛知県人だから時々無性に赤みそのお味噌汁が飲みたくなる。

 

 

アタシの相棒、BOSSは赤みそのお味噌汁が大っ嫌い。

 

「こんな煮しまったような真っ黒な味噌汁はくどくて飲めない!!」だって。

 

ね、あーた!!

お言葉を返すようですが、これは真っ黒ではごじゃりませぬ!!

 

赤!!

 

赤みそ!!

 

判ったか、こりゃぁ!!

 

小さい頃はこの八丁味噌を甘く炊いて母がいろんなおかずを作ってくれたっけ・・・

 

手鍋に残った味噌だれにごはんを混ぜておにぎりも美味しかった。

平和なあの昭和の時代。

かっこいいおやつなんかなかったけれど、八丁味噌のおにぎりを思い出すと今でも瞬時にあの台所に戻れる。

 

なつかしい・・・

あーーー、おかーさーーん!!

 

BOSSとはこの少女時代、まだ知り合っていないわけで、思い出の共有はない。

そりゃ八丁みそは真っ黒なグロテスクな存在だよねぇ。

 

ひとり一人が必ず一式持っている思い出は美しい。

八丁味噌さえもアタシには金のかたまりだよ。

 

 

ま、こんなプライベートはあっちへ置いといて、「八丁味噌の豚肉照り焼き丼」は上出来だった。

 

 

始めに味噌だれとショウガ少しをお鍋でちょっと焦がす。

そこに豚肉を入れてタレが絡まるようにさーっと焼く。

 

丼のご飯にこのお肉とタレをたっぷりかけて胡麻をふったら、出来上がりーー!!

レタスを敷くと味がマイルドになってより美味しくなる。

 

「味噌」は全国各地に名産品がたくさんあるからどこでも故郷の味で美味しい豚丼が出来上がる。

 

味噌と豚肉の相性が最高なんだな、きっと。

 

この丼も白みそで作ればまた違った風味になっていいカンジになるだろう。

 

近々作ろうかな・・・白みそ丼。

 

お客様だけじゃなくて傍にいるBOSSもたまには喜ばせてあげよう。

うん、たまには、喜ばせるって、いいね。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類