今盛りの新玉ねぎはストッキングと共に・・・

   

なんだぁ、玉ねぎじゃないの!とおっしゃるアナタ!!

こんな集中線でかざるようなものじゃなーーい!とおっしゃるアナタ!!

 

なに言っとりゃーす!(※名古屋弁で「なにを言っているんですか」)。

これ 新玉ねぎだがね。

 

よー聞きゃー。(※名古屋弁で「よく聞いてね」)

 

今の季節しか食べられない「新玉ねぎ」。

玉ねぎをサラダにしてバリバリ食べられる夢のような季節到来なんだよ。

 

新玉ねぎ、好きだなぁ。

「新」の付くものはいろいろ好きさ。

新宿も好きだし、新幹線も好き。新人もいいね。

でも、今の季節は「新玉ねぎ」が一番好き。

 

買い物に出かけると野菜売り場でつい「新玉ねぎ」を買ってしまって、もう冷蔵庫の野菜室は新玉ねぎだらけ。

 

ただアタシの小さな悩みを聞いてちょ。(※名古屋弁で「聞いて下さな」)

 

新玉ねぎを冷蔵庫に保存しておくとすぐに皮がべろべろになって大きな玉ねぎが半分くらいになってしまう。(もったいないーと心から思う)

 

そんな時『新玉ねぎは冷蔵庫に入れてはいけない』という情報をゲッツ!

 

風通しの良いところに吊るしておくといいらしい。

 

(えっつー、網なんてすぐないし、どうやって吊るすのぉ・・)

 

そんなド頭にピクンと響いてしまったアタシのストッキング!!!

黒いストッキングも持ってるけれど、今日の所はベージュにしておこう。玉ねぎとコーディネイトだよ。

 

めったに履かないけれどこのブツの中にはかつてアタシの「足」が入っていた。ストッキングにしてみたら重たい「足」より美味しい「新玉ねぎ」の方がいけてるカンジだよね。(あーー、今日は新玉ねぎで良かったぁ」なーんて。途中縛られて拷問みたいだけど、良かったーって思ってるでしょ。

 

かくして アタシの新玉ねぎはストッキングと添い遂げるのさ。

 

ほほえましいお話で良かった 良かった。

(こんなネタでここまで引っ張って・・よく書くわ、ホント!)

 

こうやっておくと一か月はもつんだって。

すっごーい!!

 

 

 

 - 未分類