痩せたいのに麺類がやめられない

   

唐突だけれど・・・ここ50年は痩せたい 痩せたい 痩せたい と念じている。

「ここ50年」などと軽く言うけれど半世紀だ!!

 

もし仮にアタシが200歳になったとしても(ヨーダか!!)その時にも 「痩せたい」と念じている・・はずだ。

 

永遠のテーマだね。

「ダイエット」

 

この50年の長丁場だから、NHKのドキュメンタリー番組がそろそろ取材に来てもいい頃よ。

 

『50年ダイエットに励むデブ』

 

でもこんなヒトはアタシ以外にも10万人はいるだろうな。

面白くもなんともないか。

 

こんなに痩せたいのに同時進行で 食べたい 食べたい 食べたい と念じるアタシは摩訶不思議ちゃん。

いったい頭の中はどうなってるのかしら・・・

 

ヒトの「痩せたい欲望」と「食べたい欲望」が対決して、ほとんどの対決は「食べたい」の勝ちーーー!!

 

だからデブが発生する。

ダイエットをしながら「これが最後の食べつくし」と大量摂取。

 

おなかがいっぱいになると卑屈な罪悪感を発散しながら、「明日から痩せるもん・・・」とつぶやく。

 

今夜もそうだ。

痩せようと思っているのに焼きそばをしこたま食べてしまった。

おなかいっぱいになって(しまった、食べ過ぎた!)と反省したけれど(いいや、明日から節制するし・・)と毎度の誓い。

 

 

やきそばって、ホント魅力的!!

 

麺類界の西島秀俊だよ。綾野剛でもいい。

とにかくステキ!!

 

お肉の焼きそばも好きだし、魚介のそれもいい。

 

できれば野菜はたーーくさん入れたいね。

 

ソース味がもちろんおいしいけれど、しょうゆ味の焼きそばもいい。

 

インスタントの焼きそばも好きだよ!

インスタントは「日清」に限る。

日清のソース焼きそばはアタシのソウルフードだ。

 

それこそ50年以上前、東京の伯母の所によく遊びに行った。

この伯母はかっこいい人で、当時の前衛的なバイオリニスト。

 

ある時「ねえ、見て!こんなインスタントの焼きそばが発売されたのよ。手軽でいいわねぇ」

 

時は東京オリンピックの前年、1963年の7月。

爆発的に売れたらしい。

アタシは小学3年生。

 

その爆発的な一袋を伯母の家で食べて(ふーーーん。おばちゃんが良いって言うからこの焼きそばは好きだ)。

 

小学3年生の脳裏に擦り込まれた焼きそばは揺らぐこともなくいつも堂々の一位を守り続け、50年を超えて今に至る。

 

焼きそば、好きだなぁ。

 

食べ過ぎたけれど明日から節制しよーーっと!!

明日がダメなら明後日から節制すればいいじゃん!!

 

そして、デブは続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類