ギブミー きゅうり!

   

スーパーに夕方行った。

BOSSと二人。

 

アタシ達 最新デートだよーーん。

(これをデートと呼ぶなんて色気ないったらねぇ・・)

 

このスーパーは、飲食店の人々も沢山通うとてもお安くて有名なお店。

 

アタシ達は飲食店の方々Aとして野菜を買いに行ったわけ。

 

閉店30分前。

アタシはきゅうりの売り場にいた。

 

そこに 頭にタオルを巻いたお店のオニイサンがやおら現れ、きゅうりを束にして黄色いテープで巻いて行く!

300円位のきゅうりが黄色い束になると100円だって!!

 

なんですとぉおお!!

こりゃ買わにゃーー!!

 

と、差し出したアタシの手を弾き飛ばす主婦大群。

どっから現われたぁ?

手 手 手 手・・・

ギブミーきゅうりーー!!

 

戦後の進駐軍に群がるギブミー チョコレートだよ。

見たんか!

見たさ!

チョコもらったさ!

ウソつけ!

はい大嘘!

生まれてないよぉー!

どうでもいい無駄なセンテンス すんません。

 

ほんとに沢山の手に囲まれてたじろぐアタシ。

図々しいように見えるけれど根性だけは・・ない!

 

はじかれてBOSSがいるベースキャンプに帰還。

 

「ねぇ、すごい人だよ!アタシ恥ずかしくて手が出せない・・」

「何 言ってんだ!!もっとガーーーッと行け!!」

 

「判った!ガーーーッだんべ!」

 

ガーーーッ!!

 

・・だめだ・・割り込む根性がない。

やっぱり、恥ずかしい・・

 

またベースキャンプ。

「ぎゃははー!だめだよ!アタシはデキン!!」

 

「どけっ!!オレが行く!!!」

 

山が動いた。

 

獲物にとびかかるライオンのように機敏に動く山。

 

アタシがなんど挑戦してもはじき飛ばされた主婦の塊りをあっという間に崩して黄色いきゅうりGET!

 

すっごいわぁ!やるじゃんBOSS!!

いつもテレビ見て居眠りしてるアータがどこ行った?

見直すわぁ。

20歳の学生時代の君だよ!!

 

というギブミーきゅうり騒動でございました。

 

おあとがよろしいようで・・・

 

 

 

 

 

 - 未分類