ずーっとお店で使う箸袋に絵を描き続けている店主に明日はあるのか!

   

しょうゆ亭で使う割りばしの箸袋に、色鉛筆で絵を描いている。

 

もう 25年くらい 描いている。

 

描いている時はまるで機械のように無我夢中。

暇な時に書き溜めようと 無我夢中。

すべてのお客様にお出しするのだから 無我夢中。

 

最近、水彩画を少し書き始めていて これもとても楽しい。

 

でも 箸袋に水彩は似合わない。

水彩の絵具がお客様の洋服とか手に付いたら申し訳ないと思って、水彩画はタブー。

 

箸袋はもっぱら色鉛筆。

 

 

だけどねぇ、パソコンで描く とてもきれいなイラストをたくさん見ると 心がちょっと折れそうになって・・・

 

(アタシの絵なんて その綺麗な絵と見比ればまるで子供のいたずら書きじゃん)

 

 

恥ずかしくなって(もうやめようかなぁ)なんて思ってた。

 

そんなとき、ある人が「これがいいんですよ!このあったかさがいいなぁ」と褒めてくださった。

 

(えーー!そーーなの!!こんなんがいいってか!!)

 

この一言が嬉しかった。

 

褒められると木に登るタイプ。

 

だから今日もせっせと描く。

 

今日また無我夢中でトマトを描いた。

描き終わって冷静に眺めた。

つくづく思う。

(こんな箸袋でごはんを出されたら アタシ超幸せ)

 

これで調子に乗ってアジサイも描く。

まだ調子に乗っている。

 

赤と青があったらつぎは緑がほしい。

初夏の緑ってなんだぁ!

あっ、マンダリン!!

 

 

そう言えば「母の日」のころにカーネーションも描いたっけ。

 

 

こんな風に、旬の素材でいろいろ描き上げる。

 

お客様にも「この箸袋、持って帰っていいかしら」とよく聞かれる。

こんな時はすごくく・・うれしい・・

 

春 夏 秋 冬 季節に合わせていろんな絵を描く。

 

こんな事を続けていて この店主に 明日はあるのか!!

 

 

 - 未分類