迷うことが生きること・・と謳う斉藤和義の『天使の遺言』

   

あたしはヘボイ根性(こんじょう)しかもっていない。

でかい顔してるくせに性根(しょうね)はまるっきし弱い。

(今気が付いた。「根性」と「性根」は使う漢字が逆なだけ。漢字は深いねぇ。あっ これ本題とは関係ない余分な話)

ちょっとプライベート事件が起こって、根性をなくしたアタシはブログが手に付かなくて・・・ふと思えばもう7月。

そうだ!!

根性を叩き直そう!!! 

いい歳してんだからちゃんとしよう。

ハイ!

斉藤和義サンがとてもとっても好きで、最近はこの曲がアタシをどれだけ癒してくれているか・・・

『天使の遺言』。

斉藤和義さん『天使の遺言』の歌詞

早川義夫さんの曲をカバーしてるんだけれど、「斉藤和義の世界」をしっかり感じさせてもらえるアタシの中の名曲。

早川義夫さんはちょっと懐かしい「サルビアの花」の作者。

ピアノの弾き語りで歌う枯れたカンジは沁みますねぇ。

でも今日は斉藤和義サンのからみつくような歌声がいい。

アタシのヘボイ根性にはこの歌声がいい。

 - 未分類