銀行の窓口が3時に締まるのはどうして?世の中どんどん便利になってるのにこの不便はなんだ!

   

小さいながら会社を持っている。

 

言ってみれば中小企業。

零細企業なのでお金の大事さを毎日痛感しながら仕事をしている。

 

 

この苦労は30年以上昔から始まった。

お店を始めようと思い立った時、自慢じゃないけれどお金はない。

 

夢と希望と未来と笑顔しか持ち合わせないアタシは金策に困りはてる。

 

若さの真っ盛りだったアタシは世間の苦しさも常識も何も知らない。

(よくもまぁ、こんなコトでお店を始めようなんて思ったモンだ。若いっていいね。)

 

 

アタシはこの時思い立った!

『お金がないなら銀行に借りよう』

ナイスアイディアじゃないか!!

 

いきなり超有名な都市銀行の窓口に行く。

「アタシにお金を貸して下さーい!」

 

眼鏡をかけたおじさんが出てきて言ったさ。

「やだよーー」

 

ここからだ!

アタシのお金苦行が始まったのは・・・

 

 

担保も自己資金も何もない若いおねーーさん。

こんなヤツにお金を貸してくれる銀行はどこにもなかった。

 

世間の常識を知らないアタシも(これじゃだめなんだ・・)と少しずつ学習する。

 

 

(書類と呼ぶものを作ろう。)

(アタシのやる気を文書で現わそう。)

(間違いのない人間だということを態度で示そう。)

 

 

計画書を書いて書いて書きまくる。

どれだけやる気にあふれているかを熱弁する。

まっすぐに担当者をしっかり見つめ、(こちらはマジだぜ!)目の中に光でコメントを書く。

 

10軒以上回った銀行でやっと願いがかなった。

 

それは信用金庫。

やっぱり地元を大事にする信用金庫は零細企業の味方!!

 

大手の都市銀行は鼻持ちならん。

だいたい偉そーだし、窓口のおねぇちゃんはきれいどこを置いてるし(ちょっと嫉妬・・?)

アタシの実業始めを助けてくれんかった恨みは100年忘れん!!

 

それから30年以上。

まだその信用金庫とのお付き合いは続いてる。

当たり前だけれど借りてるお金はきちんとお返しして、まっとうな市民を続けている。

いろんな事情で都市銀行とのお付き合いも少ーーしだけあるけれど、日々のお金は信用金庫。

 

 

ところで、この30年の間いつも銀行に思うことがある。

 

なぜ3時になると締まっちゃうの?

3時以降にお金の処理をしたい時どーーしたらいいの?

3時ちょっと前に仕事を中断して銀行に駆け付ける。

間に合わない時もあるさ。

それが金曜日だったりしたらお金の処理は週明けの月曜まで伸びる。

困るんだよねぇ。

 

 

ところが、なんと、今日7時まで窓口をあけている信用金庫を発見!!

7時だよ、19:00!!

 

これでアタシの困りごとは解消だね。

今日行って来た。

写真を撮った。

窓口のおねーさんも綺麗だった。

都市銀行みたいだった。

 

豊田信用金庫。

 

あの、「世界のトヨタ」を抱える豊田市に本店がある。

お世話になります。

 

助かるよ!

 

 

 

 - 未分類